『龍が如く』シリーズ10周年に臨む、龍が如くスタジオの挑戦。「龍が如く」シリーズ総合監督 名越稔洋

10年目に仕掛けた設計思想の転換

――『龍が如く』シリーズは今年10周年を迎えていますが、この10年はどんな10年でしたか?

名越あっという間のことだったので。ああ、もう10年経ったんだなと。あんまり重くはとらえていません。「10年」「10年」ってまわりは言うし、「10周年で何かやるんでしょ?」ってよく聞かれるんですけど。それはあくまで世間の期待で。プロモーションの側面からは「10周年」というとアピールしやすいひとつのキーワードになるし、素直に喜ぼうという気持ちにもなるんだけど、10年経てば自動的に作品が面白くなるわけでもないし(笑)喜びたい気持ちと反対に、だからどうした? という気持ちもやっぱりあって。意外と淡々と受け止めているのが正直なところです。

――初代『龍が如く』を作ったときは、10年後の今でもシリーズが続いているとお考えでしたか?

名越もちろん10年続くとは思ってもいなかったですよ。だから「10年目ってどう思いますか?」と聞かれてもあまり何も思わないんです。途中で人気が落ちていれば、シリーズは終わっただろうし。人気があれば、自分の意志はさておき続けなくちゃいけない宿命も生まれる。コンテンツってそういうものです。だから、10年って結果でしかないんです。べつに冷めているわけじゃない。その結果をいただけたという感謝の気持ちでいっぱいです。でもプロとしての感覚は、10年という時間を能天気に喜ぶだけではなく、客観的に捉えることも大事だと思うんですよ。

――『龍が如く』は10年続くコンテンツになったわけですが、何が大きな理由だと思いますか?

名越「10年持つコンテンツにしたい」と願ったとして、10年先のことを考えてものを作ったら、面白いものはできないと思うんですよ。そういうタイトルは結果として10年持たない。先を考えていると、どうしてもブレーキをかけてしまう。一生懸命、先を考えずに現在のことだけを考えて、作り続けていく。そうすることで1年前には越えられないと思っていた壁を超えることができ、限界だと思っていたところを駆け抜けることができるんです。それは自分たちの成長だけでなく、ハードウェアの進歩が手助けしてくれるかもしれないし、タイアップに協力してくれた企業の方が超えさせてくれるのかもしれない。そういうことを積み重ねた先に10年があるんです。

――ブレーキを踏まない10年だったわけですね。

名越そうです。精一杯やったから次がある、という繰り返しの10年でした。

――さて、最後に『龍が如く 極』にはスペシャルなコンテンツが封入されるとか。

名越『龍が如く 極』には、『龍が如く6(仮称)』の先行体験版がダウンロードできるプロダクトコード(※)が封入されます。『龍が如く』シリーズはこれまで何回かゲームエンジンを変えてきたんです。PS2のころに1度マイナーチェンジして。PS3でフルチェンジして。そこからマイナーチェンジを重ねてきた。マイナーチェンジというのは突き詰めれば高速化を軸とした多様化です。『龍が如く』シリーズはアクションアドベンチャーだから、ドラマのムービーを見て、街でアドベンチャーをして、相手とバトルするのが基本パートです。、つまり3つのパートを行き来するという大枠の流れがあるんですが、これまでのマイナーチェンジによって映像が高精細になり、ロードが短くなり、シームレスで遊べるようになってきました。つまりあくまでパート内で遊ぶ上でよりスムーズになるようにしてきたわけです。でも『龍が如く6(仮称)』は設計思想の違うゲームエンジンを採用していて、結果、ゲームの遊び方がこれまでとは違っているんです。まずドラマとアドベンチャーとバトルのパートの壁がなくなります。フリーローミング(広大な世界を自由に歩き回れるゲーム)を可能にしたといったほうが伝わりやすいかな。ただ、フリーローミングというと海外のゲームのようになるのか?と言われそうですが、そこは『龍が如く』らしくうまくまとめています。ぜひ、そこをいち早く感じていただきたいと思っています。
(※)プロダクトコードはPS4版、PS3版ともに封入されます

イメージ画像8

――ずいぶん早いタイミングの発表になりますね。

名越早いっちゃ早いタイミングなんだけど、僕らが立ち止まっているわけじゃなくて、次に向かっていることを伝えたかったんです。また、先に発売される『龍が如く 極』は本当に作り直しのパートが多く、そういう意味で自分としては、「これは新作なんだ!」という自信がある。でも一方で、「10年間の恩返し」という感覚もあり、思い切って値段を安くしました。そこにさらに『龍が如く6(仮称)』の先行体験版を付けるというのもその恩返しのひとつ。性格の問題かもしれないけど、僕は新しい情報はすぐに届けたいタイプなんで。すぐに発信して、みんなに期待してもらいたい。その期待がモチベーションになるんです。ぜひ、その心意気を受け取ってほしいと思っています。

――龍が如くスタジオは『龍が如く 極』の裏側で、『龍が如く6(仮称)』を作っているんですね。

名越これまで『龍が如く』シリーズは、前作が終わってから次回作を開発していたので、完成直後の休み以外はほぼすべての時間を次回作に費やすことになるんです。前作のデバッグ(発売前のソフトのバグ調査)が始まるころから、僕と数人が一足先に次の作品について考え始める。梅雨のころにはキャスティングをして、夏には収録をはじめる……そんなリズム感で『龍が如く』シリーズをずっと作り続けていました。でも今回は、『龍が如く0』の開発が終わったあと龍が如くスタジオ史上初の2ライン同時で『龍が如く 極』と『龍が如く6』を作っています。死にそうですが、自分達のスキルをフルに発揮して濃い内容の2作に必ずします。東京ゲームショウでその一端を発表するので、ぜひとも楽しみにしてください。

(完)

ストリエで読む

© 2015 STORIE project. All Rights Reserved.

アイコンページの先頭へ